香水レビュー

ディオール「プワゾン」香水レビュー 大人の女性に憧れたバブル時代

 

お風呂のない時代に自分の体臭を消すために使われていたのがお香や香水だったそうです。

日本人は香りに敏感なために香水をしっかりと使っている人が苦手だという人も多くおられます。

しかし普段使いに少し身に着けたり、ちょっとしたお出かけやオシャレをした時に素敵な香りに包まれているというのは何とも素敵な事ですよね。

私も今からずいぶん昔には、香水をつけて夜の街へと出かけて行っていました。

そんな懐かしい日の事を思い出す香水に、Christian Dior(クリスチャンディオール)の「Poison(プワゾン)」を思い出します。

 

大人の女性に憧れたバブルの時代

Christian Diorクリスチャンディオールの香水、プワゾンを使い始めたのは今からおよそ20年以上も前の事になります。

バブルと言われた好景気ににぎわい、夜の街へと繰り出すと、オシャレに着飾った女性からは気品のある香りが漂ってきました。

社会人になりたての私にはそんな大人の女性にとても憧れて、このプワゾンを付けることが大人になることの条件の様に感じていました。

 

 

このPoisonプアゾンを付けることで何処か素敵な所へと私を連れて行ってくれるのでは?素敵な事が起こるのでは?

そんな思いにさせられて胸をときめかせてくれる香りでもありました。

しかし、仕事を辞めて家庭に入ることになり、いつしか夜の街へと出かける機会がほとんどなくなってしまいました。

プワゾンを付けてお出掛けするという機会もすっかりとなくなってしまっていました。

 

 

プワゾンの香りとの再会

 

 

そんな私がまたこの香水を使い出したのは、以前の様に仕事を始めることにしたからです。

外の空気はとても新鮮で、素敵な香りに身をまとい、オシャレをしている女性が本当に多くいる事に気付かされたのです。

今までの私は女性でありながら女性ではなかったのかもしれません。

オシャレをすることの楽しさや、出かけていろんな人と出会う事の楽しさをまた思い出すことが出来たのです。

そんな時に昔良く使っていた「プワゾンの香り」に出会いました。

同じくらいの年齢の女性で、とても綺麗で上品な感じの女性でした。

彼女からは特徴的な甘い香りが漂ってきて、それが直ぐにプワゾンであることに気が付きました。

 

 

同じ世代の女性へ

好き嫌いがあるかもしれませんが、私はこの香りを嗅ぐだけで全身のホルモンが活性化されるような気がします。

まさに、更年期をも忘れさせてくれる媚薬の様なものです。

50歳を目前にして体調の変化に戸惑いこのままでいいのか?これでいいのか?と思い悩まされる日も少なくはなかったのです。

しかしこの香りを付けるだけで、まだまだ女としても頑張ることが出来るのではないかと自信がついてくるのです。

諦めることなくこの先も長く頑張っていけるような気持になったりもするのです。

自分の気持ちや行動に勇気を与えて背中を押してくれる香水でもあるんです。

同じような世代の女性に前に進めずに落ち込んでいる人にお薦めしたいのがこのディオールのプワゾンです。

 

 

-香水レビュー
-, , ,

Copyright© 香水おすすめ聞いてみた(香水のレビューブログ) , 2020 All Rights Reserved.