香水レビュー

ゲラン アクアアレゴリア ネロリアビアンカ 甘いけれどもさっぱりとした柑橘系の香り【レビュー】

 

ゲラン(GUERLAIN)の香水「アクアアレゴリア ネロリアビアンカ(Aqua Allegoria Nerolia Bianca)」をレビューします。

体調がすぐれないときでもこの香水を嗅げば元気が出るくらい気に入っています。

香水をつけられないときには、ハンカチに一吹きかけて自分のカバンの中だけでにおいを楽しみます。

 

ゲラン「アクアアレゴリア ネロリアビアンカ」を購入したいきさつ

ゲラン「アクアアレゴリア ネロリアビアンカ」(Guerlain Aqua Allegoria Nerolia Bianca)香水を購入したいきさつですが、

愛読している小説がきっかけでゲランの香水に憧れていました。

実際の話に出てくる香りはゲランの香水「MITSUKO」だったのですが、付けてみたらアラフォーになった今でもまだまだ大人っぽすぎると感じました。

そこで記念すべき初のゲランはカジュアルラインであるアクアアレゴリアシリーズの香水から選ぶことにしました。

何品も試した結果、選んだのがこちらの香水です。

蜂の巣を連想させる香水瓶がとてもキュートです。

 

 

ゲラン「アクアアレゴリア ネロリアビアンカ」はどんな香りか

ゲラン「アクアアレゴリア ネロリアビアンカ」の香りは一言でいうと、甘いけれどもさっぱりとした柑橘系の香水です。

暑い季節はさわやかに香ってくれるし、寒くなると旬のみかんを連想させます。

一年中、気候を選ばずにつけることのできる香りです。

太陽が似合うのはもちろんですが、雨の日はジメジメを吹き飛ばしてくれます。

「アクアアレゴリア ネロリアビアンカ」の香水の香りは、フォーマルなシーンよりもカジュアル、夜よりも朝から昼が似合います。

ムーディーで落ち着いているというよりも活動的なイメージです。

付け始めから嫌味がない香りなので満員電車など、人であふれかえった空間でも自分の香りを楽しめるという利点もあります。

 

 

ゲラン アクアアレゴリア ネロリアビアンカ 香りの変化について

アクアアレゴリア ネロリアビアンカの香りの変化について、

始めは、ネロリやオレンジの香りを強く感じます。

コロンのにおいというよりもフルーツそのものに近いぐらい。

それが時間とともに体温と混ざり合うことによって、フローラルを醸し出すようになり、最後はパウダーを連想させる柔らかい温かみを感じるにおいになります。

どの瞬間を切り取っても甘すぎないけれども女性らしく、うっとりとしてしまいます。

 

 

ゲラン アクアアレゴリア ネロリアビアンカ 私の使い方・付け方・香りの持続性

この香水は、私の日常生活には欠かせない香りです。

近所に買い物や散歩に行くときはもちろん、街へのショッピングやちょっとした会合にも付けていきます。

気分が沈んだ日には寝る前に枕に付けることもあるし、

体調がすぐれないときでもゲラン「アクアアレゴリア ネロリアビアンカ」の香水を嗅げば元気が出るくらい気に入っています。

食事に行くとき、香水をつけられないときには、ハンカチに一吹きかけて自分のカバンの中だけでにおいを楽しみます。

 

 

付け方は、朝のメイクの仕上げに、この香水を手首にワンプッシュ。

両手首を合わせた後は耳の後ろにも香りを移していきます。

ゲラン「アクアアレゴリア ネロリアビアンカ」の香りの持続性は、正直少し弱めかもしれません。

そのため昼過ぎに香りが少し弱まったと感じたらひざとひざの間にワンプッシュしています。

たまに夜遊びに行くときなど、強い香りで自分を印象付けたい時には他の香水をつけなおすこともできます。

 

  

付けていて一番うれしかったこと

付けていて一番うれしかったことは、いつも素敵だなと思っていた同性の方からアクアアレゴリア ネロリアビアンカの香りを褒めてもらえたことです。

その方は柔軟剤のにおいを嫌い、自分のお気に入りの香水の香りをさりげなくまとっている人です。

常日頃、知的で本物を知っているとにらんでいたので、その方に絶賛されたのはとても嬉しかったです。

香りは人生そのものを彩ってくれるものだと思います。

ある香りを嗅ぐとその当時の思いがよみがえってくるというのは決して珍しい体験ではありません。

自然豊かな場所で体を動かすことや子供と触れ合うことが大好きな私にピッタリの香りに出会えて本当に良かったと思います。

これからもこの香りとともに素敵な思い出を作っていきたいです。

 

 

-香水レビュー
-, ,

Copyright© 香水おすすめ聞いてみた(香水のレビューブログ) , 2020 All Rights Reserved.